TOPICS トピックス

2016年 12月 14日

■12月・1月営業時間ならびに冬季休業のお知らせ

いつもパティシエ エス コヤマをご利用いただき誠にありがとうございます。
通常は、毎週水曜に定休日をいただいておりますが、12月・1月の営業日は変則となりますので、お知らせいたします。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
※本年のクリスマス期間の後半が三連休(23・24・25)であることに伴い、例年以上の混雑が予想されます。その中で万全な体制でお客様をお迎えし、大切なクリスマスの期間を楽しくお過ごしいただくお手伝いを全力でさせていただくために、誠に勝手ながら、変則的ではございますが、【エスブーランジュリー】【カフェhanare】【co.&m.ブティック】【小山菓子店】を休業させていただく日がございます。ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

≪お休みの日程≫
【12月】
14日(水)
19日(月)(※21日の振替として)
26日(月)(※28日の振替として)
※クリスマス期間中の各店の休業スケジュールは以下の通りです。
■エスブーランジュリー・・・・・・12/20(火)~22(木)
■カフェhanare・小山菓子店・・・・・・12/21(水)~12/25(日)
■co.&m.ブティック・・・・・・12/22(木)~12/25(日)

【1月】
1日(日)~6日(金) 冬季休業をいただきます。
10日(火)社内行事のため、17時までの営業とさせていただきます。
11日(水)
18日(水)
25日(水)
≪冬季休業期間 1/1(日)~1/6(金)≫
◇1/7(木)からは、通常どおり営業させていただきます。
(ただし、10日は17時までとさせていただきます)
詳しくは定休日カレンダーをご覧くださいませ。
≪定休日カレンダー≫http://kir053180.kir.jp/operation.html

2016年 11月 20日

◎esブーランジュリーでは、カスタードクリームの口どけと共に広がる蜜のように甘い安納芋の味わいをお楽しみいただける「クリーミーな安納芋のコルネ」販売中です!

クリーミーな安納芋のコルネ

焼きたてのクロワッサンやフランス人ブーランジェが手掛けるバゲット、サンドイッチやトゥレトゥール、あんぱん、マフィンなどの焼き菓子など様々なジャンルのパンをお楽しみいただける「esブーランジュリー」。
秋も深まるこの季節に新しい一品が仲間入りしました。

ふんわり弾力のあるコルネの中にはこっくりとやさしい甘みの「安納芋」クリームがたっぷり。秋から冬にかけて旬を迎えるその美味しさを、じっくり丁寧に引き出しました。さつまいもの中でもダントツの甘さを誇る安納芋は、時間をかけてオーブンで焼くことで糖度は一層増し、味わいもぐっと濃厚に。あえて粒感を少し残したままカスタードクリームと合わせることで、素朴な風味も感じていただけます。食べ進めていくと現れるのは、さつまいもと抜群の相性を誇るリンゴ。ほんのり苦味のあるキャラメルで炊くことで、まろやか味わいのクリームの中で緩急を演出しています。

ぜひ旬の味覚をお楽しみくださいませ!

◇クリーミーな安納芋のコルネ
http://kir053180.kir.jp/boulangerie/special/099.html

2016年 11月 17日

◎esブーランジュリーに「パン屋さんの酒まんじゅう」が仲間入りしました!

パンやさんのさかまんじゅう

エスコヤマのパン屋さん、esブーランジュリーに3年熟成の酒粕を贅沢に使った「パン屋さんの酒まんじゅう」が仲間入りしました。

コロンとまるいシルエットが愛らしいあんパン。ふわりと香るのは、シェフ小山が兵庫県にある酒造メーカーを訪問した際に出逢った“3年熟成の酒粕”です。

2016年の新作ショコラやプレミアムシュトーレンのフルーツの漬け込みにも使われたこの酒粕は、熟成を経て醸し出される香りが格別。その芳醇な味わいを口にしたブーランジェにより、見た目も口どけもまるで“酒まんじゅう”のようなあんパンが誕生しました。

酒粕を練り込んだもっちり食感のパン生地と、ほどよい甘さの粒あんのバランスは絶妙。(600Wの電子レンジで10秒ほど温めるといただくと、鼻に抜けて広がる酒粕の熟成香を存分にお楽しみいただけます)
esブーランジュリーで11月15日(火)より販売中です。ぜひお立ち寄りくださいませ!

◇パン屋さんの酒まんじゅう
http://kir053180.kir.jp/boulangerie/special/098.html

2016年 11月 06日

◎esブーランジュリー 秋の味覚 vol.4~丹波産黒枝豆のリュスティック~

丹波産黒枝豆のリュスティック

先日より、esブーランジュリーの秋の味覚をご紹介しております。vol.4となる本日は「丹波産黒枝豆のリュスティック」。旬の短い丹波黒枝豆の魅力をたっぷり詰め込んだ一品です。

外はカリッと、中はもっちりとした食感のリュスティック生地で、大粒の黒枝豆を贅沢に包み込んで焼き上げました。豆本来の柔らかくほっくりとした味わいはもちろんのこと、生地に混ぜ込んだ昆布だしが味わいの要に。ひと口、ふた口と噛みしめるほどに、ほくほくとした豆の素朴な旨みを追いかけるように、昆布の濃厚な旨みと香りがじわりと広がり、しっかり成熟した豆の味わいを一層引き立てます。“大粒の黒枝豆のダイナミックな食感と、季節を感じられるパンを”というシェフ小山のイメージどおり、旬の黒枝豆のおいしさをより深く感じられる一品に仕上がりました。

丹波産黒枝豆が届く間だけの季節のパンです。ぜひお楽しみくださいませ!

◇丹波産黒枝豆のリュスティック
http://kir053180.kir.jp/boulangerie/sand/083.html

2016年 11月 01日

◎esブーランジュリー 秋の味覚 Vol.3~原木しいたけ・鳴門金時~ 

es_1013 134671 es_1013 134669

お待たせいたしました。少し間が空いてしまいましたが、esブーランジュリー 秋の味覚 をお届けいたします。第3弾となる今回は、原木しいたけと、鳴門金時のアイテム2品をご紹介いたします。

1品目は、その名も「“秋の味覚”原木しいたけのナンカレードッグ」。さつまいものオレンジ煮を加えて甘口に仕上げた、おなじみ“ナビンさん”のカレールウの上に、ぽってり肉厚の原木しいたけ、しめじ、エリンギなどきのこ類をたっぷり。そこに、ほくほくのかぼちゃ、ロングサイズのソーセージ、プロボローネチーズも乗せて、ボリューム満点に焼き上げました。仕上げに白トリュフオイルとオレンジピールを散らし、リッチで爽やかな風味を添えました。まろやかなカレーソースに、きのこのシャキシャキ感、ソーセージの肉汁…と多彩な味わいがお口の中で弾けます。お召し上がりの際には、オーブントースターで温めるとおいしさもいっそうUP。そのままピザのように手で丸めてかぶりつくもよし!ナイフとフォークでいただくもよし!味わい、食感ともに食べごたえ抜群です。

2品目は「ゴロっと鳴門金時のバター包み」。こんがり焼けたパンの上でとろり溶けたプロボローネチーズ。このなんとも食欲をそそるルックスを豪快に割ると、中からゴロっと顔を出すのが“鳴門金時”です。パン生地に織り込まれた発酵バターの香りが、蒸されて栗のようにホクホクしたさつまいもの甘みをやさしく包み込みます。そこに重なるようにして広がる “スイートポテト”の濃厚な味わい。牛乳をたっぷり使ったクリーミーでコクのある甘みが、鳴門金時の素朴な風味を引き立てます。アクセントに忍ばせたオレンジマーマレードのさわやかな風味とチーズの塩味も相まって、メリハリのある、飽きのこない美味しさに仕上がりました。

ぜひ、esブーランジュリーへお越しくださいませ!

123
QR Code Business Card