こだわり食材のマッチングを楽しんで

播州地鶏のたまごサンド

¥378

播州地鶏のたまごサンドに「どれから食べよう?」という楽しみが加わりました。3つのうちひとつだけにカツサンドに使っている野菜を煮込んで作った特製トンカツソースを挟み込みました。どれから食べるのも好き好き。ちょっとしたことですが、味わいにリズムが生まれます。 実は、これはシェフとたまごサンドを作る担当スタッフとの毎日のやり取りがきっかけに。シェフは味わいにブレがないように、スタッフが作ったたまごサンドの具とカツサンドのトンカツソースの味わいをチェックしています。そう、シェフはいつも、たまごとトンカツソースを交互に食べてチェックするのが日課だったのです。そこから思いついて、さっそく取り入れました。ちょっとした遊び心を加えたエスコヤマらしいたまごサンドのご提案です。

※播州地卵(10個入り)
 ¥540

兵庫県中央部の自然豊かな清流のもとで生産された赤卵。小山シェフはこの新鮮な卵をご飯にかけて食べるのが子供の頃からたまらなく好きでした。シェフにとって子供の頃の思い出は自身のストーリーやお菓子作りを語る時、切り離すことはできません。「世の中には美味しい卵は他にもあるだろうし、すべての卵を知っているわけではないけれど、私にとっては最高に美味しい卵です」とシェフ。みなさんも、ぜひいかがでしょうか。