こだわり食材のマッチングを楽しんで

色々野菜の情熱ポテトパン

¥345

個性豊かな夏の旬野菜の味わいを チーズと焦がしバターでまとめ上げて

多くの野菜が旬を迎える夏の時期、京丹後のオーガニックファーム「SORA農園」さんの「デストロイヤー(じゃがいも)」と「赤玉ねぎ」、エスコヤマと同じ三田市で土づくりからこだわった自然農法で様々な野菜を栽培されている「藤原農園」さんの「空心菜」、そして、岡山県美作市の北部で「作物を育てることは、シェフの料理の仕込みである」という考えをモットーに、年間100種類以上の作物を栽培されている「GG FARM」のギャリさんの「ルッコラセルバチコ」、これらを使ったポテトパンが誕生しました。このポテトパンのテーマにしたのは、カフェhanareの「地元生産者達の情熱サラダ」。「デストロイヤー」のホクホク感と「赤玉ねぎ」の甘味、「空心菜」のシャキシャキ感、ごく少量でも存在感を発揮する「ルッコラセルバチコ」のほのかな苦味を、野菜と一緒に包み込んだエメンタールチーズの旨味と塩味、そして焼き上げた後の仕上げに塗った焦がしバターで、個性豊かな味わいをまとめ上げました。生産者の皆さんの情熱を包み込み焼き上げた渾身のポテトパンをぜひお召し上がりください。