"パティシエ・ショコラティエ"としての感性を極めた、シェフ小山の自信作

SOU 奏

1個 / ¥281
5個入り / ¥1,404
10個入り / ¥2,808
15個入り / ¥4,212

生産者の思いとシェフ小山の思い チョコレートスポンジとガナッシュのシンプルな構成に隠された“美しいレシピ”が奏でるハーモニー

  • 予約(ご来店受取)
  • オンラインショップ(発送)

賞味期限
10日(冷蔵)

箱サイズ: 5個入り 縦28× 横11× 高さ4cm
    10個入り 縦28× 横20× 高さ4cm
    15個入り 縦28× 横30× 高さ4cm
アレルギー特定原材料7品目:小麦、卵、乳
特定原材料に準ずる20品目:大豆 ※2020年よりパッケージが変更になります。

ふわふわとして弾力のあるチョコレートのスポンジで、なめらかな口どけのミルクチョコレートガナッシュをサンドしたシンプルなお菓子「奏」。 その源流は、シェフ小山がお菓子づくりを一から学んだ店「スイス菓子ハイジ」のスペシャリテ「アルハンブラ」です。 「奏」が継承したのはその構成と、特有のふんわり・しっとりとした生地。 小山も「今の僕の経験をもってしても、スポンジの見事さ、レシピの美しさには今でも驚く」と言う生地は、卵やココアなど、4つの素材のみで構成されています。 そこに小山ならではのエッセンスを織り込み、スポンジはいっそうふんわりと、ガナッシュはいっそう滑らかに進化させ、新しいお菓子として蘇りました。「継承」と「革新」が描く味わいのハーモニー。 スペシャリテにふさわしく、「シンプルだけど、深い」お菓子の魅力を感じてください。

Inside Story ~SOU~

「奏」のデビュー時、ふわっとした生地とミルクチョコレートのガナッシュの「層」と「奏」をかけて、
「異なる食感と味わいがハーモニーを奏でる」というのが名前の由来でした。
デビューから数年後、シェフ小山はカカオ産地へ訪問するようになり、
現地で赤・黄・緑など鮮やかな色合いのカカオポッドに目を奪われると同時に、
地球の裏側で日々カカオと向き合う生産者の方々のことを思う気持ちが、どんどん大きくなっていきました。
そして行き着いたのが、「生産者の方々、カカオというフルーツ、カカオの果肉が醗酵して生まれる味の変化などもひっくるめて、
地球の裏側のクリエーションと僕たちのクリエーションを一緒に奏でる。
これこそが“今の自分”が表現しなければならないことだ」という考えでした。
カカオ豆を割ると断面に見える、渋みの元となる紫色のポリフェノールも、
醗酵の過程でマイルドになるのが美味しくなる理由。
「ポリフェノールの紫やカカオポッドに表れる赤色などが“チョコレート色”の根っこにあるような気がして、
この色合いのグラデーションにしようと思った」と、
シェフ小山が実際に真っ白なキャンパスにいろいろな色を少しずつ層にしながら塗ったデザインが今回のパッケージなのです。