シェフ自慢のスペシャリテたち

小山ぷりん

1本   ¥324
4本入り ¥1,404
6本入り ¥2,160
※4本入りと6本入りで発送を承ります。

コクとキレをあわせ持った牛乳ときび糖が醸し出すやさしく、懐かしい味わい「小山ぷりん」

  • エピソード
  • 予約(ご来店受取)
  • オンラインショップ(発送)

消費期限
3日(冷蔵)
箱サイズ:4本入り 縦11× 横11× 高さ15cm
     6本入り 縦11× 横16× 高さ15cm
アレルギー特定原材料7品目:卵、乳

このメニューを作るにあたってシェフ小山が選んだ牛乳は、低温殺菌法によってまろやかなコクと、スッと引いていくキレを両立した1品。そのミルクのおいしさをそのまま生かすため、卵は控えめに。やさしい甘味を引き出すため、素朴な味わいのきび糖を加えました。低温のオーブンでじっくり焼き上げた「小山ぷりん」は、ふるふるとやわらか。お口に入れると、とろんと崩れ、ミルクの豊かな風味がいっぱいに広がります。牛乳瓶のような深い容器に長~いスプーンをさしこんで、何個でもペロリといけそうな、あっさりとしたおいしさも人気の秘密です。

> より詳しい「小山ぷりんのSTORY」はこちら

新生・小山ぷりんが生まれる“美味しい”循環

「小山ぷりん」に使用する牛乳を、小山ロールの端の生地やフルーツの皮、ヘタ、卵の殻、紅茶の茶葉や
コーヒー豆などから生まれた堆肥を使って育った牧草を食べた牛が出してくれる牛乳に、近々切り替えられそうです。

以前もお伝えしていましたが、つい最近、エスコヤマで作った堆肥を近くの乳業メーカーさんへ持って行くことになりました。
なぜ畑に直接ではなく、一旦乳業メーカーさんへ行くのでしょうか?
そこにはちゃんと理由があります。 メーカーさんでは乳牛が良いミルクを出すために様々な工夫をされていますが、
その中の一つに、「乳牛のストレスの軽減」への取り組みがあります。
牛は視界が360度開けた状態にすると安心し、良いミルクを出すそうで、
牛舎には籾殻のベッドがあり、牛の寝床が地面から1mの高さになるようになっています。
牛はそのベッドに糞尿も出すので、それが発酵の種になります。
また、牛も綺麗好きなのでベッドは常に交換され、使用済みの籾殻は牛舎の隣の発酵室へ移されます。
発酵室では絶えず発酵が進んでおり、そこへエスコヤマからの堆肥も混ぜられます。
そうして出来た堆肥は牧草農家さんへ渡り、良い牧草を育てるために活用されています。
そこで育った牧草は、乳業メーカーさんへ供給され、一度サイロで発酵にかけられます。
味の安定を図るため、常にサイロで発酵させた餌を与えているとのことでした。
それをまた牛が餌として食べ、牛乳として出してくれるという良い循環を生むという仕組みです。
早ければ今年の秋か冬には、その新しい牛乳で「新生・小山ぷりん」をつくり、皆さんにお届けできる予定です。
果たしてどんな味わいになるのか、みなさんにはぜひ楽しみにお待ちいただきたいと思っています。