book

ビートルくんと きんいろの バウム フレーベル館

¥1,800+税

  • 予約(ご来店受取)
  • オンラインショップ(発送)

あらすじ
いまからずっと昔のおはなし。とある丘の上、妖精や昆虫たちが仲良く暮らす森があり、そこでは毎日お菓子の神様がとてもおいしいお菓子をつくっていました。ある日、いばりんぼうのカブトムシ、ビートルくんがお菓子の神様が作った大事なバウムクーヘンを食べてしまいました。実はそのバウムクーヘンには黒い魔女によって毒が仕込まれていて、ビートルくんは悪魔のような姿の薪ストーブに変身してしまいます。さて、ビートルくんは?森の昆虫たちはいったいどうなってしまうのでしょうか……?

"昆虫がいっぱい集まるお庭のあるお菓子屋さん”を創るのが夢だったというシェフ小山がエスコヤマをオープンした時にホームページに掲載していたお菓子の森のお話と、エスコヤマの敷地内にある薪ストーブ(ビートルくん)のお話をミックスして出来上がった、心温まるストーリー。イラストは、小山のイメージにぴったりのタッチで絵本を描かれる松並良仁氏。秋元康氏とGLAYのTERU氏より、素敵な推薦文をいただきました。

オーナーシェフ小山より
「皆さんにもこの絵本に描かれた物語を通して、身近な存在である昆虫たちの大切さや、いま口にしている食物がどこから来るのか?なぜ口にすることができているのか?といったことを改めて考える機会にしていただきたいと思います。また、子どもたちが日々興味を持って接しているであろう昆虫たちが私たちにとって欠かせない存在であることも、伝えていただければうれしく思います」